ajmec.org

豊かな毎日を過ごすために出来る照明の見直しとLED懐中電灯の用意

登場

暗闇で光る電気

最近になってLED電球が主流になってきた。その理由として少しばかり他の電球より値段が高いが、長持ちをすることと明るいということ、消費電力が少ないという主に3つのメリットがあるだろう。長持ちをするということは、電球の買い替え、付け替えはあまり頻繁にやる必要がないということで、特に、電球を取り替えるのがめんどくさい場所、大変な場所の電球にはLED照明の電球はとても便利である。また、明るいのに消費電力が少ないことは、省エネが重視されている今、魅力的なものである。

◎多様な場面での使用
そのため、LED照明はいろいろなところで用いられる。例えば、懐中電灯が挙げられる。懐中電灯は電球の取替えはプラスチックで囲まれた中に電球があるため、とても難しい。また、暗いところを明るくするために用いるため、明るさはとても必要とされる。さらに、懐中電灯の場合、そのほとんどは単3電池などで動くもので、電池の消費はできるだけ少ないほうが良い。それは、懐中電灯の用途としても上げられる。それは洞窟や工事などは長い時間使うことが多いからだ。このようにLEDはとてもこれに優れている。

◎更なる注目
これだけのメリットをもつLED電球はこれからもさまざまな場面での活躍が期待されている。また、その進化もどんどん技術は進歩してきている。将来は、100パーセントLEDが使われるようになるだろう。また、今、唯一のデメリットである、値段もその進歩とともに解消していくだろう。これは、地球温暖化対策としても取り上げられ、LEDの注目はさらに強まっていくだろう。LEDの活躍にはまだまだ未知数の可能性があるのだ。

LED照明の今

黒い懐中電灯

LED照明が発売された当時はかなり高額であったため、一般家庭ではなかなか使用するまでに至りませんでした。その後、電球タイプの製品が発売されるようになり、次第に普及するようになっていったのです。現在では、販売価格もかなり下がってきて多くの家庭で使用されるようになりました。また、最近発売されているほとんどの懐中電灯はLEDを使用した物で、消費電力が少なくて済むことから多くの場所で利用されるようになりました。

◎懐中電灯を常にフル充電させておける画期的な商品
懐中電灯の電池を気にしなくても済む照明があったらいいですよね。
ある時テレビのCMでこんなあったらいいが商品として開発されていることを知りました。
普段は照明として使っている電球が停電時などには取り外して懐中電灯として使うことができるというものでした。
電気が流れているわけですから常にフル充電された状態で、いざという時には懐中電灯として使えます。
家の中で明るい場所を確保できるし、数か所に取り付けていれば1つずつ使っていけば数日は過ごせますね。

◎照明器具の変遷
照明器具は、フィラメントを熱して発光させる白熱電球から始まりました。白熱電球の実用化の段階で、フィラメントの素材を何にするかで何度も失敗し、ようやく京都の竹の線維を用いて成功したという逸話が残っています。現在では、フィラメントには竹の代わりにタングステンが用いられていますが、電球は消費電力が大きいところが欠点になっていました。そして、誕生したのが蛍光灯です。蛍光灯は放電による紫外線を蛍光体に当てて可視光線を発生させる照明器具なのです。